ARTIST

Artist Management

DÉ DÉ MOUSE

織り重なり合う、計算しつくされたメロディと再構築された「歌」としてのカットアップサンプリングボイス。 流麗に進む和音構成と相交わりから聞こえてくるのは煌びやかで影のある誰にも真似出来ない極上のポップソング。沁み渡るような郊外と夜の世界の美しい響きから感じる不思議な浮遊感と孤独感は、多くのクリエイターにインスピレーションを与えている。

ライブスタイルの振れ幅も広く、ツインドラムで構成されリズムの高揚感を体現する DÉ DÉ MOUSE + Drumrollsや、縦横無尽に飛び回るDJスタイル、即興とセッションで繰り広げるDÉ DÉ MOUSE + his drumner名義に、映像を喚起させる DÉ DÉ MOUSE + Soundandvisions名義など、多種多様のステージングを展開。 FUJI ROCK FESTIVALやTAICOCLUB、RISING SUN ROCK FESTIVALにSonarSound Tokyoなど多くのフェスティバルにも出演、イギリスやフランス、ドイツなど海外遠征も盛んに行っている。

近年では実験的な試みを体現する主催イベント”not”や即日完売が恒例となっているプラネタリウムを舞台にした公演を開催し、イベントの演出やその完成度が、各方面から多くの注目を受ける。ファッションやアニメ、ゲームなど他ジャンルからの支持も強く、作品、グッズ、イベントに至る全てのプロデュースを手がけると共にファッションブランド等とのコラボレーションワークも数多く行なっている。

Official Website

YMCK

男女3人から成る8bitミュージック・ユニット。2004年に発売した1stアルバム「ファミリーミュージック」の大ヒットをきっかけに、幅広い世代の支持を受ける。

また国内のみならず、フランス、スウェーデン、オランダ、米国、台湾、韓国、タイ等、8カ国以上で国際的なフェスやイベントに出演。映像と完全にリンクしたユニークなライブパフォーマンスは、世界的にも高い評価を獲得している。

CDリリース以外にも、楽曲提供、リミックス、映像制作、DJパフォーマンス、ゲームサウンド・プロデュース、音楽制作ソフトウェア用の8bitサウンド・プラグインMagical 8bit PlugやiPhoneアプリYMCK Playerの開発など、国内外において幅広い活動を展開している。

OFFICIAL WEBSITE

Chip Tanaka

ゲームソフト『MOTHER1』『MOTHER2』『メトロイド』『バルーンファイト』『スーパーマリオランド』などの音楽を手掛け、『ポケットカメラ』の商品開発などにも携わるとともに、作編曲家としても、TVアニメ、映画「ポケモン」の楽曲の多くを手掛ける作曲家、たなか ひろかずによるライブ名義の1つ。

2007年より「大人ブランコ」「Acerola Beach」「Chip Tanaka」 と幾つかの名義にてDJ/ライブ活動を行っている。

OFFICIAL WEBSITE

rabbery

works are… web design mark up product design logo

OFFICIAL WEBSITE

RF

UKのレコード・ショップ・チャートで1位を獲得する等、デビュー曲となるThe Pharcyde – Runnin’のインスト・ジャズ・カヴァーが国内外で話題となり、ブラジルNo.1 DJ、DJ Nutsも「thanks for making that 7″ compacto…that one brought every thing back in a perfect circle 360!!!」と手放しで絶賛!

Hip Hopの名曲達を生演奏で再構築する独自のスタイルが「Hip Hop世代に刺さるJazz」と形容される話題沸騰中の3ピース・インスト・バンド。これまでに「 RF」,「Relation」,「Feel」,「Rhythm」&「Fill the bill」の計5枚のアルバムをリリース。2014年9月24日には待望のニュー・アルバム「New birth」を全国一斉発売
する。

OFFICIAL WEBSITE

SAHO KOBAYASHI

不確かな感情の隙間と、日常と妄想の世界を物語としてとらえたものを立体造形、写真、言葉で表現し作品にしています。

作品を作る上で大事な要素として恋をした時の痕跡というものも大切にしています。恋は人間の特別な感情ですが、時間をかけて記憶の奥へと消えていってしまいます。それでも私は、朝、目が覚めた時に誰かに恋をしているような感覚を忘れずにいます。正確には、忘れないために作品を作り続けています。

高校生の頃、自分の子供はいらないと思っていました。14歳の子供はほしいけれど。意味なんてなく、ただその世界だけだったのです。全てが美しく、全てが窮屈な世界。 現実と想像が結びついていない、中間地点にいる若い頃の痕跡を私は常に追求しています。恐怖心と恋心、夢を見るトレーニング、そして何かに食べられてしまうもの。それらは、私自身のテーマであり、生きているということに繋がっていると思います。一人歩きしないままの、両手の中で静かに待っている感情を汲み上げ紡いだものを作品にしてきたいと思っています。

chahoでは恋をした痕跡、モノや人が存在した痕跡をテーマに、”日常に身につける何か” を制作しています。最近ではブローチやキーホルダーに限らず、ハンカチや刺繍布など日常に身を置いた、よりシンプルでクリーンなものへと移行しています。恋がメインテーマになった必ず言葉が存在し、添付されています。

OFFICIAL WEBSITE

BAB

1990年代からCG作成業務のキャリアを開始し、現在はゲーム開発を主戦場にする現場主義のクリエイター。映像作家としては2004年からチップチューンユニットCONSUMERSの映像担当として、VJやムービー制作などを行う。

同時期にnot recordsのDE DE MOUSE, YMCKと知り合い、以降DE DE MOUSE関連作品ではmy favorite swingのPVやsky was darkのwebアプリ、多摩六都科学館でのプラネタリウム映像作成。そして最新作”summer twilight”からremember nightのMVも作成。ドット絵からハイエンドCGまで、満足出来る絵を渋くカバー。

Twitter